登場人物紹介

dr_kusuzaki Dr.楠崎克之
アルカリ・ラボ代表。医学博士。
長年の研究からアルカリが健康の鍵を握ることに注目
akari あかり
46歳。1児(女児)の母。派遣業でバリバリのキャリアウーマン。
いつも笑顔を絶やさず元気なのは理由があるようで。
mutsumi むつみ
46歳。2児(男兄弟)の母。パートタイマーとして家計を支える。
最近疲れが取れずにため息ばかり。何とかしたいのだが・・・

エピソード1「アルカリ・ラボへ行ってみよう!」

mutsumi 「はぁ~~~~~~」(ドヨーン)

 

akari 「どうしたの、むつみ。元気ないね、大丈夫?」

 

mutsumi「なんか最近調子悪くって...ここんところずっと体も気分も重いのよね。昨日もどうでもいいことで、子どもに当り散らして旦那とけんかになったし...それでますます自己嫌悪...」

 

akari「むつみ頑張り過ぎなのよ~。たまには息抜きしたら?」

 

mutsumi「う~ん。でも、あかりの方がフルタイムの派遣業で忙しいのにいつも元気ね。同い年なのに私よりずっと若く見えて、なんか腹立つわ~。」

 

akari「あはは。相変わらずストレートね~。でも、もしかしたら睦実、酸性体質なんじゃない?」

 

mutsumi「え、酸性体質?何それ?」

 

akari人間の体重は60%が体液なんだけど、その体液が酸性かアルカリ性かで健康かそうでないかが変わるんだって。

 

mutsumi「あんた、えらい詳しいのね。」

 

akari「実は知り合いの楠崎先生に教えてもらったんだ。そのお話を聞いてからすっごく元気になったのよ」

 

mutsumi「ちょっとその話、私にも聞かせてよ!」

 

akari「じゃあ、さっそく楠崎先生のいるアルカリ・ラボへいってみよう!」